Apple mapsの車を見かけた

Apple mapsの車を見かけた

スポンサーリンク

近所を歩いていたら、妙な車を見かけた。

Apple Mapの車

窓ガラスには「Apple Maps」「maps.apple.com」というステッカーが張ってある。
天井にはスター・ウォーズのストームトルーパーの頭みたいなカメラがにょきにょき生えている。

コンパクトサイズになりました。Apple(アップル)が改善に力を入れている「マップ」サービス。その情報を収集するための新型車両が、ロサンゼルスにて...

上の記事に日本での車の写真も載っているけど、違うな。

GoogleもAppleもマップアプリは苦戦

Googleマップがゼンリンの地図データを使わなくなったのは、春の頃だったか。地図の品質が落ちて、みんな不満。
そういえば、Appleではマップ担当者がクビになったという過去もあったっけ。

アップルが、物議を醸した「iOS」向け地図アプリの担当マネージャーを解雇したと報じられている。

こういったものは、コツコツ調べていく必要があるわけで。
ただ、初めて行くところとか久しぶりのところとか、事前に調べたり現地で調べたりと、割と利用頻度が高いので、力の入れ方が難しいんだろうな。

ARナビへ進化

ポケモンGoなどでAR(仮想現実)が広まってきているので、マップアプリがARナビ機能を持つのは当然の流れだ。

スマホのカメラを現実の空間にかざせば矢印が道案内してくれる──そんなGoogleマップのARナビゲーション機能がGoogle Pixelユーザー向けに今週からロールアウトされました。が、そこには昨年5月のGoogle I/O 2018でお披露目された「ユーザーを導いてくれるキツネ」の姿はありません。 なぜ可愛らしい....

まだAndroidのPixel向けだけだけど、もうじき普通に使えるだろう。Appleマップも当然対応してくるよね?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事へのコメント

Loading Facebook Comments ...

No Trackbacks.