Elasticsearch Serviceで使えるEBSサイズ

Elasticsearch Serviceで使えるEBSサイズ

スポンサーリンク

Elasticsearchの環境を簡単に用意できる、AWSのElasticsearch Service。いろいろなサーバのログを突っ込んで検索したり、kibanaで検索結果をグラフにしたりと便利に使えるのだが、使えば使うほど、ディスクが足りなくなってくる。
インスタンスのスペックによってディスクの最大サイズが変わるようなので、調べてみた。

スペックとEBS最大サイズ

インスタンススペックEBS最大サイズ
c4.large.elasticsearch100G
c4.xlarge.elasticsearch512G
c4.2xlarge.elasticsearch1024G
c4.4xlarge.elasticsearch1536G
c4.8xlarge.elasticsearch1536G
c5.large.elasticsearch256G
c5.xlarge.elasticsearch512G
c5.2xlarge.elasticsearch1024G
c5.4xlarge.elasticsearch1536G
c5.9xlarge.elasticsearch3584G
c5.18xlarge.elasticsearch7168G
i2.xlarge.elasticsearch512G
i2.2xlarge.elasticsearch512G
i3.large.elasticsearch
i3.xlarge.elasticsearch
i3.2xlarge.elasticsearch
i3.4xlarge.elasticsearch
i3.8xlarge.elasticsearch
i3.16xlarge.elasticsearch
m3.medium.elasticsearch100G
m3.large.elasticsearch512G
m3.xlarge.elasticsearch512G
m3.2xlarge.elasticsearch512G
m4.large.elasticsearch512G
m4.xlarge.elasticsearch1024G
m4.2xlarge.elasticsearch1536G
m4.4xlarge.elasticsearch1536G
m4.10xlarge.elasticsearch1536G
m5.large.elasticsearch512G
m5.xlarge.elasticsearch1024G
m5.2xlarge.elasticsearch1536G
m5.4xlarge.elasticsearch3072G
m5.12xlarge.elasticsearch9216G
r3.large.elasticsearch512G
r3.xlarge.elasticsearch512G
r3.2xlarge.elasticsearch512G
r3.4xlarge.elasticsearch512G
r3.8xlarge.elasticsearch512G
r4.large.elasticsearch1024G
r4.xlarge.elasticsearch1536G
r4.2xlarge.elasticsearch1536G
r4.4xlarge.elasticsearch1536G
r4.8xlarge.elasticsearch1536G
r4.16xlarge.elasticsearch1536G
r5.large.elasticsearch1024G
r5.xlarge.elasticsearch1536G
r5.2xlarge.elasticsearch3072G
r5.4xlarge.elasticsearch6144G
r5.12xlarge.elasticsearch12288G
t2.small.elasticsearch35G
t2.medium.elasticsearch35G

i2,i3,m3インスタンスはインスタンスストレージも使える。
2019年7月に調べたが、更新されることもあるので、使う前に必ず確認してほしい。
インスタンスストレージとEBSについては、

EC2の仕組みを想像してみる
クラウドコンピューティングといえば仮想サーバ ないと話にならないものの1つ、仮想サーバ。AWSではAmazon EC2 (安全かつスケーラ...

も参照。

EBSの容量からみるとr5.largeがコスパ高い

価格表とにらめっこすると、r5.largeがGBあたりのインスタンスコストは一番安いようだ。

ただし、Elasticsearchは溜めたデータを検索して活用しないと意味がないので、検索に必要なCPUパワーが足りているか、気にする必要がある。
利用パターンを見ながら、ディスク容量以外のメトリクスもみてスペックを見直すことが重要だ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事へのコメント

Loading Facebook Comments ...

No Trackbacks.