Python: BingのChatGPTが答えたHit and Blowで添削
PR

Python: BingのChatGPTが答えたHit and Blowで添削

添削ソフトウェア
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

「ChatGPTはプログラムも書いてくれる」というので、BingのChatGPTにHit and Blowを書いてもらいました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

添削

Python: setでリファクタリングのコードと見比べてみます。勉強中とはいえ掘り下げが足りないなぁとか、もう少し柔軟に考えられないだろうかとか、いろいろ気付かされます。

random.sample()を使え

randomで数字作って重複チェックというやり方をしていました。

これ、

random.sample(range(10), 4)

で片付きますね。

判定処理

hitとblowの判定処理を別々に書いていました。

これ、blowを数えるときにhitも含まれてしまうからと、hitの数をわたしています。そもそも、分けて数えるのがよくなかったのでは?

for i in range(4):
  if player_num[i] == com_num[i]:
    hit_num += 1
  elif player_num[i] in com_num:
    blow_num += 1

で済みます。

スポンサーリンク

エラーチェックは不十分?

本質的でないから省いた、というのはわかります。

ただ、実際に使おうとしたら、エラーチェックは重要です。結構とんでもないものを入力してくれたり、ディスクがいっぱいになっていて不可思議な異常が出たり、というのが現実です。

ChatGPTは確かにプログラムを書いてくれますが、「プログラマー不要」というのはまだまだ先なんじゃないでしょうか。

Amazonギフトカード(Eメールタイプ) テキストメッセージにも送信可 - Adventure begins
Amazonギフトカード
Amazonギフトカード(Eメールタイプ) テキストメッセージにも送信可
スポンサーリンク
ソフトウェア
スポンサーリンク
memoTech

コメント

タイトルとURLをコピーしました