VPN Server Pritunlの設定

スポンサーリンク

LightsailでVPN Serverを動かす

Pritunlで作るVPN Server。今回は、Pritunlの設定を行い、VPNを使うユーザー登録を行う。

4回シリーズの第2回。

  1. LightsailでVPN Serverを構築する
  2. VPN Server Pritunlの設定
  3. AndroidとPritunlを繋げる
  4. iPhoneとPritunlを繋げる

当然のことながら、本ブログの掲載内容から、いかなる損失や損害などの被害が発生しても、当ブログでは責任を追いかねます。

Lightsailの設定

AWSのお手軽サービスとはいえ、Firewallの設定もあるので、事前に行っておく。

Lightsailのhome画面で、インスタンスの右上にある点々をクリックして、開いたメニューからManageを選択。
Lightsail Manage menu
Networkingを選択。
Lightsail manage
IP addressとFirewallが表示される。後ほどブラウザからアクセスするので、IP addressはメモしておく。
Lightsail network
Lightsail Firewall
左下の「+ Add another」をクリックして、ルールを追加する。
Lightsail Firewall add
行が追加されるので、HTTPSを選択。
Lightsail Firewall https
もう1つ追加する。CustomでUDPを選び、Portは1024〜65535の範囲内で適当に決める。今回は12345にする。このPortは後で使うので、メモしておく。
Lightsail Firewall UDP
追加が終わったら、画面右下の「Save」をクリックして設定を保存する。
Lightsail Firewall save

Pritunlの設定

Pritunlのセットアップ

Pritunl で簡単にVPNサーバを構築する – Carpe Diemの通り、以上。とはならなかったので、改めて。

ブラウザで管理画面にアクセスする。今回はChromeを使用した。

https://メモしておいたIP address/

http error
左下の「詳細設定をクリック」
http error ignore
左下の「xxxにアクセスする (安全ではありません)」をクリック。
pritunl database setup
Setup Keyを入力する。画面に表示されているコマンドをTerminalで入力して、Setup Keyを求める必要がある。Lightsailの画面に移って、Terminalを開く。

sudo pritunl setup-key

pritunl setup-key
keyが表示される。
pritunl setup key
表示されたSetup Keyを入力して、Saveをクリック。
pritunl setup key
pritunl setup
セットアップが終わると、ログイン画面を表示しようとして警告。
http error
前回と同じように対応すると、ようやくログイン画面登場。
pritunl login
IDとパスワードは共にpritunl。Sign Inをクリックする。
pritunl initial setup
New Passwordに新しいパスワードを入力して、Saveボタンをクリック。
Pritunl save settings

OrganizationとUserの作成

ここからは、基本的にPritunl で簡単にVPNサーバを構築する – Carpe Diemに従う。Initial Setupまで終わっているので、各種設定から。
Usersをクリック。
pritunl setup 1
Add Organizationをクリック。
pritunl add organizations
Organization名の入力。とりあえずexampleで。
Pritunl setup organization
Addボタンを押して、追加。
Pritunl setup organization example
次はユーザ追加。Add Userボタンをクリック。
Pritunl setup Add user button
この画面でユーザ名とPinを入力する。Pinは6桁以上必要だ。
Pritunl setup Add user
Pritunl user
複数のユーザを追加する場合、再びAdd Userボタンを押して追加する。

サーバの作成とユーザの割り当て

次。サーバを作る。
Serversボタンをクリック。
Pritunl add server
Add Serverボタンをクリック。
Pritunl add server
Serverの名前を入力。DNSとは関係ないので、適当に。
重要なのがPortとProtocol。Firewall設定で設定しておいたPort(今回は12345)とProtocol(UDP)を指定する。
Pritunl add server dialog
Addボタンを押して、詳細設定へ。
Pritunl server detail
このServerを使うOrganizationを指定するため、Attach Organizationボタンをクリック。
Pritunl server attach organization
organizationとserverを選択(1つしかないと選択しようがないが)。
Pritunl server attach organization
元の画面に戻るが、Start Serverボタンが押せるようになっている。
Pritunl Start Server button
Start Serverボタンをクリック。起動してログが画面に表示される。
Pritunl server start

もう一作業。クライアントから接続するときの設定ファイルが生成されているので、ダウンロードする。
Usersをクリック。
pritunl setup 1
登録されたユーザがリスト表示されているが、右側のアイコンが設定ファイルのダウンロードボタン。
Pritunl settings download icon
Pritunl settings download icon
AndroidやiPhoneで直接ダウンロードすると登録が面倒なので、PCにダウンロードしておく。一作業してからAndroidやiPhoneに送ると、スムーズに進む。

シリーズ索引

  1. LightsailでVPN Serverを構築する
  2. VPN Server Pritunlの設定
  3. AndroidとPritunlを繋げる
  4. iPhoneとPritunlを繋げる
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事へのコメント

Loading Facebook Comments ...

No Trackbacks.