iPadではSMSが使えない

スポンサーリンク

iPadではSMSを受信できない

新しいiPad AirとiPad miniが3/18に発表され、画面の大きなiPhoneとして購入を検討している人もいるはずだ。

  Appleは3月18日、10.5インチの新型「iPad Air」と新型「iPad mini」を発表、注文受付を開始しました。いずれもA12 Bionicプロセッサ、ホームボタンとTouch IDを搭載してお

だが、注意。iPadではSMSが使えない。Wifi版が使えないのではなく、セルラー版であっても使えないのだ。ユーザー登録の時、コードがSMSで送られてくるサービスも多くなってきているが、それらのサービスは使えないということになる。

「画面の大きなiPhone」ではない

スマホの画面はどんどん大きくなってきていて、iPhoneもXS Maxで6.5インチになった。が、iPad miniは7.9インチ、iPadだと9.7インチと、まだまだ住み分けができる違いだ。
だが、違いは画面の大きさだけでなく、機能にもおよぶ。SMSが使えないというのは、結構影響が大きいのではないだろうか。

iMessageでメッセージは送れるが

iPadにもメッセージをおくるアプリ、メッセージ Appはある。が、「青いメッセージはWifiやデータ通信で」「緑色のメッセージはSMS/MMSで」送るようになっている。

メッセージの吹き出しが青色または緑色になっている理由について説明します。

「iPhoneでSMS/MMSを送るには」と追加説明があるが、iPadについては書かれていない。できないから書かれていないと受け取るべきだ。

SMSが使えなくて困ること

SMSを使うのは、何かのユーザー登録したときの認証コードの受信だろう。ジーニアスバーの案内でも届くことがある。
メールアドレスとは違い、携帯番号が変わることは少ない。だから、携帯番号にメッセージを送るSMSは、広告媒体として期待できるのだが、日本ではまだまだ活用されていないようだ。

だから、ユーザー登録の問題さえクリアしてしまえば、SMSが使えなくても大きな問題にはならないだろう。
iPad版が用意されているアプリは、こういった問題に対処できていると考えてよさそうだ。それに、FacebookやGoogleといった、既に多くの人が登録しているであろうサービスと連携することで、認証コードなしにユーザー登録を行えるようになっているサービスも多い。

知っていれば悩まない

ネットを調べていたところ、「iPhoneで受信したSMSをiPadと連携させるための設定」というものが見つかった。iPhoneとiPadを持っているからできる技であって、「画面の大きなiPhoneが欲しい」場合の問題を解決しているわけではなかった。
「iPadではSMSは使えない」と知っていれば、アプリはiPad版をインストール、ユーザー登録するときはFacebookやGoogleのアカウントを使用することで、SMSが届かないトラブルに悩まずにすむ。
アップルのiPad紹介のところに「SMSは使えない」と明記してあれば、認証コードがこないと悩む人も減ると思うのだが…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事へのコメント

Loading Facebook Comments ...

No Trackbacks.