新しいSMS、+メッセージ

スポンサーリンク

新しいSMS

5/9にリリースされる、+メッセージ。国内の主要3キャリアが足並み揃えて発表というのはちょっと驚いたが、この手のサービスは相手が多くいないと使えないから当然か。どんなサービスかは出てのお楽しみ。と思ったが、どんな内容が発表されているのか、ちょっと拾い集めてみる。

なお、お約束ではあるが、本記事は個人の見解であり、所属する組織の見解ではない。また、内容に正確性が欠けるものであることを断っておく。また、プライバシーポリシーも確認のこと。

+メッセージの特徴

電話番号だけで送れる
SMSだったら当然でしょう。
写真も動画もスタンプも送れる
どのくらいの大きさまで送れるのかな?
グループでやりとりできる
グループには何人まで入るの?
電話番号だけで、携帯3社のお客さま間で長文メッセージや写真、動画の送受信ができるメッセージサービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」をご紹介します。
2018年5月よりサービス開始したプラスメッセージのページ。SMS(Cメール)がより楽しく便利に進化。これまでのSMSとEメールのいいとこどり!特長、ご利用方法をご紹介します。 auのスマートフォン(スマホ)・携帯電話のメッセージサービスの情報です。
携帯電話会社を問わず、電話番号だけでチャット形式のやりとりができるメッセージングアプリケーション「+メッセージ(プラスメッセージ)」をご案内します。

ドコモの説明の注にはspモード契約が必要、auの説明の注にはパケット通信料定額サービスのご加入を推奨とある。乱暴な言い方をすれば、ログインIDが電話番号になっているチャットアプリといった感じか。

RCSと違うの?

ハングアウトからSMSの機能を削り、AndroidメッセージでRCSに対応させたGoogle。

Androidメッセージは新しいSMSソフト
ハングアウトでのSMSサポート終了 今まで、スマホ(Android)でSMSを受信すると、Googleハングアウトで開くことが多かった。が...

そもそもRCSって何かというと、ウィキペディアを参照。Rich Communication Services – Wikipedia。ちゃんと+メッセージの説明もある。

+メッセージの説明にRCS準拠とあるが、準拠って曲者。日本国内、3キャリアだけでMVNOは(現時点では)未サポートというのは、何か独自仕様があるのではないかと勘ぐってしまう。まぁ、電話番号で認証するとか、最後に認証した端末を把握しておく必要があるとか、それなりに仕掛けを用意する必要がありそうだから、体力がないと無理そうだけど。

3キャリアが5月9日から提供する「+メッセージ」。SMSの後継となるサービスだが、何ができるのか? フィーチャーフォンや格安SIMでは使えるのか? 今、分かっていることをまとめた。

アプリをインストールしてもらわないと、競争のスタートラインに立てない

どんな機能があるのかも気になるが、ユーザにどのくらい浸透するかも注目。土管屋から脱出したいキャリアが、アプリでどのくらい存在感を示せるのだろうか。

これからキャリアが販売するスマホには、プレインストールされるだろうが、問題はすでにスマホを使っているユーザ。多くはLINEやiMessageを使っているだろうから、わざわざ新たに+メッセージのアプリを入れる動機が果たしてあるだろうか?
一方、東京オリンピックの時は、海外からのローミングでRCSをサポートする必要があるだろう。とすると、今回はRCSの運用実験という面もあるのではないか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事へのコメント

Loading Facebook Comments ...

No Trackbacks.