遅いが速い! NURO光

スポンサーリンク

光回線にする

computer

WiMAXの遅さに我慢できなくなり、NURO 光
を申し込んだ。開通後に測定したところ、スペックからするとちっとも速くないのだが、WiMAXよりも速くて使える回線になった。

工事日程

申し込んだのが3/13。この時、一緒に宅内工事の日も指定してしまう。午前中にしたかったのだが、ずっと先まで埋まっていて空きがない。都合のついた3/27の午後にする。ルーター(onu)を置く部屋まで光ファイバーを引くので、自分の都合だけでは決められないのだ。

前日に連絡があるということだったのだが、タイミング悪く携帯に出られなかった。後で掛け直してくることもなかったが、工事日を変更するという連絡もmail/telともになかったので、予定通りに行うと判断。

当日。午後と言っても夕方にこれから向かうと事前のtelがあった。事前に置き場所を決めて、作業しやすいように片付けておいたので、1時間くらいで終了。その場で次の宅外工事の工事日を調整する。

次の作業は4/7。前日の連絡はなかったが、当日、これから向かうという電話があった。作業は、電線からファイバーを引っ張り込んで、宅内工事で取り付けておいたボックスにつなぐ。1時間をちょっと超えた程度。
ファイバーをつないでおしまいなので、自分でルーターのスイッチを入れて、WAN側の接続ランプがつくことを確認。

onuはHG8045j

ググると出てくる(ご提供する光回線機器に関して | NURO 光)のだが、NURO 光で設置されるonuには何種類かある。古いタイプだとWifiが802.11ac に対応しておらず、カタログスペックですらギガビットに達しない。

宅内工事で設置されたonuを確認したところ、HG8045jだった。802.11nなので、最大でも600Mbps。サポートに連絡して交換しようとしたところ、開通後に申し込んでくれとの返信。なので、おうちネットワークの高速化はおあずけ。

遅いがWiMAXよりもはるかに速い


0が1個違うんじゃないかなぁ。
でも、4月に入ってからのWiMAXはとにかく酷かった。


速度規制が終わっても、大差なし。Mではなくk。
「自分のところは遅くない。あーだーこーだ」と言う奴がよくいるが、他人の環境はどうでもいい。自分が快適に使えるサービスかどうかを問題にしているのだ。
それで、今月が契約更新月なので、解約手続き。いつの間にかキャリアグレードNAT使うようになっていたし、速度規制も始まったし、満足いくサービスとは云い難いものだった。ネットサーフィンしかしない人ならいいだろうけど、サーバーにリモートで接続してあれこれする人には、向かない。


NUROの評判落としているの、代理店だよねー。だから代理店のバナーは貼らない。


東京近郊以外はNURO光のサービス対象外なので、そういう方は他のサービスをどうぞ。





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事へのコメント

Loading Facebook Comments ...

No Trackbacks.